1. HOME
  2. » 中級 »
  3. 不定詞の使い方を覚えよう。不定詞は前後の文をくっつける役割だよ

不定詞の使い方を覚えよう。不定詞は前後の文をくっつける役割だよ

公開 : → 更新 :

不定詞は「to + 動詞の原型」で表すことができます。
「〜するために」というふうな日本語に訳されたりします。

不定詞とは

不定詞は「to + 動詞の原型」という形にすることで「〜するために」という意味になります。


私は彼に会う為にここにいる。
I’m here to see him.


文章を2つに分けて考えると分かりやすいです。


私はここにいます。
I’m here.

彼に会う。
I see him.


つまりtoはこの2つの文をくっつける役割を持っているわけです。

まとめ

不定詞は「to + 動詞の原型」で表すことができます。
「〜するために」と訳されることが多いですが、日本語的におかしくなる場合もありますので、toは前後の文をくっつける役割があると覚えておきましょう。

スポンサードリンク