1. HOME
  2. » 初級 »
  3. 助動詞を使いこなそう。動詞を助ける役割を持つんだよ。

助動詞を使いこなそう。動詞を助ける役割を持つんだよ。

公開 : → 更新 :

助動詞によってその動詞がどのような状態、意味なのかを決定します。

例えばcanであれば「〜が可能」という意味になり、I can speak English.とすると「私は英語を話すことができる」という意味になります。

つまり「話す」という動詞が、canという助動詞によって「可能」という状態になります。

助動詞には色々なものがありますので、これから学習していきましょう。

can「〜が可能である」

canは「〜が可能である」「〜ができる」といった意味になります。


私は英語を話すことができる。
I can speak English.


疑問文を作りたい場合は、助動詞と主語を入れ替えます。


聞いてもいい?
Can I ask you something?


この文章は「私」が質問するのが可能かどうかを尋ねる文章になります。
また「Can you speak English?」のような使い方は、「英語を話す能力がありますか?」という意味になってしまうので「Do you speak English?」が使われます。

may「〜してもいい、〜かもしれない」

mayは「〜してもいい」や「〜かもしれない」という意味になります。


私のペン使ってもいいよ。
You may use my pen.


「You may」というのは、子供や目下の人に使う表現です。
先生に使ってはいけません。

must、have to「〜しなければならない」

mustやhave toは「〜しなければならない」という意味です。


あなたは静かにしなくてはならない。
You must be quiet.

あなたに伝えなければならない。
I have to tell you.


 

shall

窓を閉めましょうか?
Shall I close the window?

踊りませんか?
Shall we dance?

should

あなたはトマトを食べた方がいい。
You should eat tomatoes.

まとめ

助動詞は動詞と組み合わせることで、動詞に意味を付け加える、いわゆる動詞を助ける役割があり、例えば「can」であれば、「〜することが可能」という意味になります。

スポンサードリンク