1. HOME
  2. » 初級 »
  3. 副詞の使い方。副詞を使いこなして自由な表現ができるようになろう

副詞の使い方。副詞を使いこなして自由な表現ができるようになろう

公開 : → 更新 :

副詞は、場所、様子などを表します。

例えば「彼は上手にギターを弾く」ならばHe plays the guitar well.となります。
このwellが副詞です。

今回は副詞の使い方を学んでいきましょう。

副詞とは

名詞を詳しく表現したいときに用いるのが「形容詞」ですが、「副詞」は名詞以外を詳しく表現したいときに使います。


彼は上手にギターを弾く
He plays the guitar well.


ではその他の副詞を見ていきましょう。

どんなふうに well(上手に) fast(速く) slowly(ゆっくり)
どこ here(ここに) there(そこに) home(家に)
頻度 always(いつも) usually(普段) often(しばしば)
いつ now(今) tomorrow(明日) then(そのとき)
程度 hard(ひどく) very(とても) enough(十分に)

「どんなふうに」の副詞

先ほどの「彼は上手にギターを弾く」というのが、どんなふうにの副詞の一例です。
「彼女は速く走る」だと以下のようになります。


彼女は速く走る。
She runs fast.


「どこ」の副詞

「私はここにいる」などの例文は、「どこ」の副詞を使って表すことができます。


私はここにいる。
I’m here.


「頻度」の副詞

どのぐらいの頻度なのかを表す副詞もあります。
「always(いつも)」、「usually(普段)」、「often(しばしば)」などがあります。


私はいつもテレビゲームをします。
I always play video games.


「いつ」の副詞

「いつ」なのかを表す副詞を学びましょう。
「now(今)」「tomorrow(明日)」「then(そのとき)」などがあります。


私は今英語の勉強をしています。
I’m studying English now.


「程度」の副詞

「程度」の副詞はどのぐらい〜なのかを表します。


彼女はとても頭がいいです。
She is very smart.


まとめ

副詞は名詞以外のものを詳しく表現したい場合に使います。
さまざまな副詞がありますので、ひとつづつ覚えていきましょう。

スポンサードリンク